旅行/その他, 生活

昭和記念公園にいってきた

Pocket

GWも終わり初夏になりつつあります!

気温も上がって暑くなって来ましたね。

夏休みが楽しみ(早)。このように切り替えはやい人になるぞ。

 

5月頭くらいに、休日に昭和記念公園に行ってまいりました。

今日書くお花とかの情報は、5月上旬頃のお話ですー

最新の情報はHPをば、確認しましょ。

時期によって楽しめる花の種類も違います。

 

広ーい敷地が特徴で、季節ごとにいろんなお花を見たり、

備え付けの遊具やスワンボートを使って遊んだり広い芝生で遊んだり

様々なアウトドアを楽しめます。

 

私は花を見に行きました。

チューリップ見に行きましたが、残念ながら枯れておりましたっ。

見ごろは4月くらいだったかも。時を。。。逃すなっ

 

ネモフィラ

 

ネモフィラが咲いていました。

国営ひたち海浜公園で有名なあの青いお花です。

昭和記念公園でも見ることができます。

 

 

人も集まり、みつばちもくる

 

さらにちょっと奥に行くと、菜の花が咲いてました。

視野一面黄色でいっぱいで、壮大な光景に圧倒されました!

紫と黄色のコンビネーションがまたきれい

 

公園の結構奥まで来て、ベンチに座りました。

やわらかな夕日とさわさわと吹く風に包まれながら1曲賛美をしました。

とても気持ちよかったです。

 

賛美してたら、閉園30分前になり、閉園を知らせるアナウンスが公園に流れました。

聞いてみると、出口まで徒歩30分程度かかるそうだったので、早めに出口に向けて出発しました。

私と同様、近くにいた方々もみんな帰り支度を始め、歩き出しました。その光景、まるで民族大移動。

歩く群衆を見ながら、ああそっか。これからみんなそれぞれのお家に帰るんだなぁ~と、しみじみ思いました。それぞれが帰るべき場所に向け出発します。

ところで、自分を取り巻く何からも解放され、心身ともに楽に休みくつろぐことのできる環境。お家とはそういうものです。

帰る場所があるということが実に感謝だなー、と思いました。

 

「帰る」と聞くと以下の聖句が思い浮かびまする

 

ちりは、もとのように土に帰り、霊はこれに授けた神に帰る

伝道の書12章7節

 

いつか寿命を迎えると肉はなくなり、霊は神様のもとに帰るのだとあります。

永遠まで神様を愛し共に生きるために。

毎日の御言葉で装っていきます(^o^)✨

 

肉の思いは死であるが、霊の思いは、命と平安とである。

ローマ人への手紙8章6節

 

<霊の思い>とは神様に属した考え、<肉の思い>とは神様に合わない考えのこと。

自分の考えで生きるとネガティブになってしまったり、あんまり事がうまくいかず。何というかこう、神様から出たものでない考えで生きると、息が詰まるような苦しいものがあります。

一方、神様の考えはいつも肯定的。

肉の思いである自分の考えを捨て、霊の思いである神様の考えを受け入れて行なってみた時、問題が解け、心に天国がなされます。

真理が人を自由にするという聖句もありますが、神様のもとで生きた時、人生に真に平安と自由が訪れるなぁと感じています。

 

すべて重荷を負うて苦労している者は、私のもとにきなさい。あなたがたを休ませてあげよう。私は柔和で心のへりくだった者であるから、私のくびきを負うて、私に学びなさい。そうすれば、あなた方の魂に休みが与えられるであろう。わたしのくびきは負いやすく、わたしの荷は軽いからである」。

マタイによる福音書11章28-30節