生活

摂理の社会人の休日~月と桜を撮って~

Pocket

この前の土日の話ですが、みなさんは月をご覧になりましたか?

とってもキレイでしたょ

ブルームーン(満月が大きく見える)だったらしいです。

 

この時、ちょうど桜が見頃か、散り始めのタイミングでした。

「桜と月」

どうです?この組み合わせ、撮りたくなりませぬか??そんなあなたはカメラ女子、カメラ男子ですね(笑)

 

カメラ女子のtanpopoさんは桜と月の写真を撮るべく奮闘しました(笑)

では、奮闘の成果をご覧あれ♪

 

 

・1枚目:全体的に暗め。肉眼のイメージには近いがもう少し桜明るく取りたい。月も模様見せたい。

・2枚目:全体的に明るめ。桜もはっきり見えるけど、肉眼で見た光景とはイメージ違う。

 

撮るとき月に焦点を合わせたとたん、桜が暗くなっちゃいました。。。

何に焦点を当てるかで見えるものが変わってきますね・・・何か悟り深い。

 

↑今回撮った中ではこれが結構お気に入りかも!

 

■感想&悟り①

桜と月。この組み合わせ、撮るの意外と難しかったである。

マニュアル、絞り優先、シーン(夜景)いろいろ研究しました。研究する中で段々次元が上がるの感じました。しかし、まだまだ研究の余地がありますな!

ちなみに<研究>に関する御言葉がありました。

<研究>は次元を上げるようにします。<研究>は不可能なことが可能なことになるようにします。<研究>は拡大して大きいことを成せるようにします。<研究>は「新しいもの」を発見するようにします。<研究>は「すでにあるもの」をもっとよく作るようにします。<研究>は「最高によい方法」が見えて、確認できるようにします。<研究>してやれば大変ではありません。

・・・

<信仰>も<自分の人生>も研究することを願います。「どうして私はできないんだろう。ダメなんだろう」って言わないで、自分の人生を、考えを研究してください。掘り下げてください。

~摂理・主日礼拝の御言葉より抜粋~

 

研究は次元を上げさせる。研究してこそ答えが見つかるとおっしゃいました。

信仰も、生活も日々研究ですな!

 

■感想&悟り②

最初月を肉眼で見た時、ほんっとうに綺麗で感動したんです。それを何とかカメラで表現しようと思ったのですが、できませんでした。撮影中、性能の良いレンズ・カメラ欲しいな~とか思ったけど「なんだかんだいって<人間の目>が一番性能良いレンズなのでは??」っていう結論に至る!性能の良いレンズは、なんと一番身近にありましたよっていう驚きでした。

そして、桜や月。これらは実に美しいです。いとをかし。

このように、神様は目に見える万物を本当に美しく創造なさいましたが、何より、人間を一番素敵に美しく創造なさったんですよね。人間を神様ご自身の姿かたちに似せるくらいですから、そのほかの万物よりも一層思い入れも強いはずです。万物や身の回りのものを見て美しいと見とれていましたが、自分自身もそれとは代えられないくらい貴重な存在なんだな、と悟りました。

自分自身の価値ももっと見直したいと思います。

 

 

美しい自然の作品と、それを通しての悟り。

春の景色を堪能しました♪感謝します☆