生活

相手も傷つけないし、自分も傷つけない。摂理に来て変わったこと。

Pocket

「歩きスマホは止めましょう」「駆け込み乗車は危険なのでやめましょう」。
駅を歩いているとこのようなアナウンスを毎日のように耳にします。
この前駆け込み乗車をした方がいて、車掌さんから周囲の迷惑になってしまうのでやめてくださいと厳重に注意を受けていました。
歩きスマホや駆け込みをしてしまうとホームに落ちたり、人にぶつかったり、挟まれたり、自分も相手も思わぬ事故にあってしまうリスクがあるからですね。
私も気を付けます!

ところでこの「周りに迷惑かけてはいけないから」という一言。
今回だけでなく、幼い時からたくさん言われて育ってきました。
そのような背景があり、私は幼い時からとにかく相手を害さないようにと相手に配慮をしながら生きてきました。

そのような背景で育ってきて、摂理に来ました。
ある時「相手の心も自分の心も傷つけてはいけないんだ」という内容の御言葉を聞きました。
「自分のことを傷つけない」この部分に衝撃を受けました。
摂理に来る前まで「相手を傷つけない」ことは心掛けていましたが、自分を責めたり自分を傷つけることが多々ありました。「自分を傷つけない」ことまで配慮できていませんでした。
自分を傷つけて生きてきた私にとって、この一言は本当に大きかったです。このように御言葉を聞いてから少しずつ自分を縛っていたところから抜け出せるようになりました。
自分を愛してあげること。自分を大事にしてあげること。これができるようになったことが摂理に来て大きく変化したことの中の1つだなと思い出しました。
知ることが本当に大きいし、知らないことが本当に怖いです。
御言葉でひとつひとつ自分を縛っていた問題を解いていただきました。
摂理に来て御言葉を学ぶことをしなかったならば、今日のように自由に生きることはできなかったと思います。
感謝する思いです。

全ての人の上に神様の愛がいっぱいに満ちますように☆