生活

何もない部屋+定められた時間=? -後編-

Pocket

一昨日の前編の続きです!

 

〜前編の簡単あらすじ〜
「5億年ボタン」の状況をゆるくした
<7畳の何もない真っ白な部屋で7年過ごす>設定で、
7年たった後にすがすがしい笑顔で「やりきった!」と
その部屋から出てくるのにはどうすればいいか、
を検証しようとしている。

 

 

 

さあ!早速必要なものを考えていきましょう!

 

 

①自分の存在意義を知っている


「まずこれが一番最初に来るんじゃないかな!」

と思っております!

 

「5億年ボタン」の話でも、途中で「自分という存在」について向き合っていたはず。

 

5億年だと途方にくれる時間ですが、今回は7年です。

つまり、自分という存在に対して

「何のために生まれて何をして喜ぶのか」が、わかっていたら

たとえ何もない部屋だったとしても

行動を起こすことができるわけです。

”わからないまま終わる、そんなのはいーやだ!”です。

 

自分の存在について

自分はなぜ生きているのか

自分は何をして生きて行くべきなのか、とかとか

考えることに時間を投資するのも1つの充実した状況

・・・・ではありますが、

清々しく7年やりきるためには考えている時間はないでしょう。

そう、部屋に閉じ込められるより前に

自分自身について深く認識しておく必要があります。

 

 

 

②型にはまらない考え方


自分の存在価値がわかったら、

自ずとすべきことは見えてきます。

 

しかしそこは何もない部屋。

「あれ?何もできなくない?」と思っちゃいます!

 

そんな絶望的な状況ですべきことをやり切るためには

現状を打破する力が必要です。

極限状況の中で型にはまっているのでは何もできません。

型破りな発想力が求められます!!

そうすれば、きっと何か打開策が思いつくはず・・・!

「5億年ボタン」では歯を抜いて床に文字を刻んでました〜

 

 

 

③1人でもやりきる実践力


型破りな発想をしなければならない・・・

それはつまり同時に

目的を何としても成し遂げる!という強い精神

求められるのです。

・・・・なんてハイレベルなんでしょう(・○・)

 

そう!自分のなりたい像や自分すべきことがあっても

実際に行動して成し遂げなければ、

それはいつまでもイメージや理想像で終わります。

 

周りにライバルもいない、

自分しかいない、

正直休んでもいい。

 

そんな状況で1人闘うのです!!

いやあ、相当強い意志がないと厳しそうですね。。。

 

 

 

 

 

④脳のスペックが高い


①〜③で述べたことは

 

脳の中にどういう思考が流れているか

 

で、出来るかどうかが左右されてきます。

 

 

自分の存在価値を認識するのも脳です。

自分のすべきことやなるべき像を描くのも脳です。

発想を生み出すのも脳です。

「最後までやろう!」という考えを持ち続けるのも

脳で考えて、考え続けないといけません。

 

 

つまり、脳のパフォーマンスがものすごく重要です。

脳を作り上げることがどれほど偉大だろうか

と最近の御言葉でも教えてもらいました。

脳が最高に活動できるようにするために、

原動力である知識や知恵をどう吸収するか。

これが大事ですね。

 

 

どんなものを脳に入れるといいのでしょうか。

薄っぺらいものを入れるのか、

深く奥妙なものを入れるのか。

 

またそれをどう入れるのか

すぐに忘れるようにさらっと入れるのか、

自分の人生の軸になるぐらい理解して入れるのか。

 

もし脳に深く奥妙な知識や知恵が

ずっしりと詰まっているならば、

そこから繰り出される世界は無限大です。

たとえ何もない空間に閉じ込められていたとしても!

 

 

・・・・・・😂。

普段私たちが何を聞いて何を感じているかが

こういう状況になると丸裸になるってわけですね!

 

自分の脳がどんな性能なのか。

どんなスペックがあるのか。

一度考えてみてもいいかもいいかもですね〜!!

 

 

⑤健康(6:30追記)


失念していたことを

神様と聖霊様が思い出させてくださったので

追記します。

 

①〜④が全て出来てしまう

ハイスペックに成長しているヒーローだとしても

健康な状態でないと全てが水の泡です。

7年。

ご飯も食べれて睡眠も取れたら

ある程度の健康は維持できると思います。

しかし、筋力が衰えたらきっと

「やりたい!」と思ったことができなくなるでしょう。

肉体もしっかり健康管理できなければ、

7年を甲斐があるように過ごせないと思います!!

 

 

 

 

まとめ


 

7畳の真っ白い部屋で7年過ごしても、

正気を失うのではなくむしろ清々しく出てくるために

必要なものはこちら!

 

①自分自身についてよくわかっていること

②型破りな発想ができること

③強い精神と実践力があること

④普段から脳に質のいい考えを突き刺すこと

⑤健康であること

 

自分で検証しておいて

これ、かなり自分を作っておかないと無理ですね。

いやあ、でもこれぐらい生きれたら

苦労することも多いしもがくことも多いけれど

本当に最高の生き様を刻みながら生きれそう!

 

 

以上です!

お付き合いいただきありがとうございました✨