仕事

完璧主義は損!?

Pocket

仕事をしながら

日々生活しながら

いつもぶつかる問題。

完璧主義。

故に、少しできないと自分を責める。

余計にコストパフォーマンスが下がり

体調も崩し

否定的な考えにも襲われて

余計全てが悪循環に陥る。

 

分かっているのに治せない。抜け出せない。

自分も辛いし、周りにも迷惑をかける。

それでもやめられない。笑

このように、変えたいけど変えるのが難しい部分

誰にでもあるのかなと思います。

 

ちなみに御言葉ではこのような表現をしていました。

 

人は見た目どおりに、形どおりに味を覚えたら、その形ばかり好む。それに慣れて、『習慣』になり、『体質』になる。

それが<いいこと>であれ、<悪いこと>であれ、味を覚え、慣れたとおりに好むから、それを諦めるだろうか?

各自「味を覚え、慣れたとおりに」好んで生きる。

<死ぬこと>ぐらいに<直すこと>を嫌い、<生きること>ぐらいに<慣れたこと>を好む。

鄭明析牧師の御言葉より抜粋

 

アーメンとしかいいようがないくらい、適切だなと思いました。

完璧主義の性格を直したいと思いつつ、いざ直そうとすると

<死ぬこと>ぐらい嫌がっている自分に対面するのです。すごく矛盾してますが(;^_^A

 

しかし最近、完璧主義って本当に損だなと感じたことがたくさんあります。

その中で主に2つ、悟ったことを書きたいと思います。

※以下、あくまでKokoro個人の見解なので、「ふーん」程度に読んで下さい

 

①感謝する機会を失う

完璧主義は、どこまでやっても満足しない。

うまくできても「もっとうまくできたはず」

うまくできなければ「もっとこうすべきだった、あぁ本当に自分は足りない!」

という考えに陥りやすいのかなと思います。

しかしこうしているとですね、

「100%完璧にできなければいけなかったかもしれないけど、

一旦はなんとか丸く収まるくらいにできたから感謝だ

とか考えられないんですよね。

もっとうまくできたかもしれないし、もっと良い方法があったかもしれないけど

周りがたくさん助けてくれて、自分の足りないところを補ってくれたから

その上に自分も努力したからその段階にまで至れただろうに

そのことを考えられず、「うまくできなかった」ということ一つしか考えない。

だから周りに対して感謝する機会を失うし、

頑張った自分をほめてあげることもしないから

モチベーション下がりますよね。

だから結局、頑張ったわりには力が抜けるというか

残るものが少ないのかなとか最近ふと思いました。

 

②できない人の気持ちを理解してあげられない

完璧主義だと例えテストで100点取ったとしても

「ふむ、まぁまぁ今回はよくできたな。でももっと効率よく勉強できたかもしれないな…」

という感じでどんどん上の上を目指し始めるし

100点とれず98点とかだったら

「うわぁ、勉強が足りなかった!もしくはテストの時もっと注意していれば!

こんなミスをしてしまうなんて…わぁ、悔しい!」とか

<できないこと一つ>だけに目が行きがちです。

<よくできた>部分はガン無視です。完璧であることが目標だからです。

真っ白な布に黒い小さなシミ一つがあったら気になります。それと似た感覚なんだと思います。

 

しかし、これはコミュニケーションに大きな支障をきたすのではないかと

最近思い始めたのです。(今更だとは思いますが…)

どうしてかというと、先ほどの例で続けると、ある人がテストで70点とれたとしても

え、それくらいできて当たり前でしょ?( ゚Д゚)」って思っちゃうんですよね。

だから口先では相手のこと褒めたとしても、正直建前で言ってる気がします。

これは私が誰かにやられてそう感じたのではなく、自分自身がそうしてるなと感じたのです。

褒めてはいるつもりなのですが、心から褒めてあげられてない気がする…というような

罪悪感を感じるようになってきたんです(;^_^A

(そう感じるのも完璧主義からきているのかもしれませんが)

 

仕事でも、過去の試験問題の正答率を見た時

「どうしてこの問題を解けないんだろう」と

いくら考えても、英語ができない子の気持ちがわからなくて

とてもとても困りました。

この経験を通して、この2つ目の弊害を悟るようになりました。

 

立場を変えて考えてみたら、上記のKokoroの疑問は

理科や数学ができる人ならちょちょいと解ける問題を

ド文系頭のKokoroは絶対解けないし(笑)、どうして解けないのか聞かれても

自分も何がわからないのかわからない(笑)ので答えられない。

というのと同じことです。

だから英語に限らず、Kokoroが簡単にやることをできない人のことを

否定しているわけでは決してありません。

立場を変えれば理解できます。私も人のこと言えません。

 

しかし、常に自分に対して「完璧」を追い求めているから

人に対しても無意識のうちに「完璧」を求めている!?

のではないかなと感じ始めました。

脳は一貫性を持たせようとするという話を聞いたことがあるので

「無意識のうちに」自分に対してしていることは相手に対しても

やってしまっているのかなと…。

 

完璧を目指すということは、言葉を変えれば向上心があり

常に自分を点検し、問題点を見つけ、対処して乗り越えていく

どこまでも発展していけるという良い点でもあると思います。

しかし、完璧を目指す<理由>や<目的>が何なのか

これによってよい方向に向かうか、悪い方向に向かうかが変わってくるのではないでしょうか。

 

人に認められたくて<完璧>でありたいのか。

周りから良い人だと思われたくて<完璧>でありたいのか。

馬鹿にされたくなくて、かっこよく思われたくて<完璧>でありたいのか。

深く考える必要があるのかなと思います。

また、自分がいう「完璧」は何なのか?それも見直すことが

完璧主義を抜け出す一歩になるのではないかと思うのです。

 

最後に、御言葉では「完璧」とは何だと仰っているのか

様々に定義されているのですが、一つだけピックアップします。

 

完璧な人、完全な人だということは、直した人、悔い改めた人だ。

人間が神と同等に神のように完璧にはなれない。 神と人間は別の存在だ。

神は太初から完璧な存在だ。

人間は自らでは完全になることができないが、 神の方法、神の御言葉を通して完全になれる。

三位は自ら存在する完全な存在であり、 人間は三位を通して完成できる存在だからだ。

人間も完全になれる方法がある。 たくさん直すことだ。すなわち、悔い改めることだ。

直すことは変化することだ。それによって、完全になれる。

悔い改める人は、毎日自分の矛盾を認め、知ることだ。 だから、早く変化できるのだ。

鄭明析牧師の御言葉より抜粋

自分なりの「完璧」を抜け出して

人に対しても、自分に対しても

人格的に接せられる素敵な人に

早く自分を直したいものです。