仕事

祈りによって起こった平和の御働き

Pocket

先日、出張がありました。

他の県にいらっしゃるお客様のところに行き、

年に一度だけ開催される会議に参加してきました。

 

先輩方の噂によると、基本的に穏やかだけど

たまにとても厳しくバシバシ指摘してくる人もいて

「結構緊張するよ」「殺伐としているかも」「頑張って」

とあまりよくない話ばかり出てきました。

 

「そんな話されたらビビるじゃないか!」と思い

その日に向けてとにかく祈り始めました。

 

「神様、お互いぐちぐちねちねち言い合っても

気持ちよくないじゃありませんか。

どうか穏やかに終わるように祝福して下さい。

妬み、悪く言う事、苛々して言う事

そういった悪いことが何も起こらないようにして下さい。

むしろ笑いがたくさん起きるようにして下さい」

 

御言葉でも、人を悪く言うことについて話て下さったことがあります。

 

人間は、人は自分を褒める言葉を聞いたらうれしくなりますが、誰かが根拠もなく悪く言ったり悪口を言われたりすると、はらわたが煮えくり返り、腹が立ちます。コンピュータのプログラムよりも千倍、万倍も鋭利です。そうしたら、苦痛を感じ始めます。

鄭明析牧師の御言葉より抜粋

 

自分も腹が立った時、ついつい心の中で悪態をつくし

悪口や文句を言ってしまいます(-_-;)

でも、自分が悪口を言われる立場になって考えてみると

本当にアーメンな御言葉です。

 

だから一層、悪口や言い争いがないように、

たくさんお祈りを捧げました。

 

そして迎えた当日。

ドキドキしながら会場に入り、遂に会議が始まりました。

 

思っていたより雰囲気はとても穏やかで

あれこれ悪く言うような方もいなくて

むしろ笑いがたくさん起きました。笑

 

祈ったとおりになりました。

やはり、お祈りの力ってすごい!!( ゚Д゚)

改めて思ったのと、心配なことがあっても

祈って自分もちゃんと準備していれば

神様が強力的に助けて下さるんだなと実感しました。

 

牧師先生がよく仰ることの中に

脳をしっかりうまく治めなければなりません。間違ったら大変なことになります。

という話があります。

 

心配する考え、不安を煽る考えは、細胞を殺すらしいですね(;^_^A

 

祈りの川が、みなさん各自が祈らなければなりません。

祈ることはやさしい。

鄭明析牧師の御言葉より抜粋

 

いつも祈って、神様と共に。

祈って平和で穏やかな関係性を、自分から作っていけるように

続けて努力していきたいなと思うようになった出来事でした☆