摂理, 生活

摂理社会人の休日~おしゃべりして感じたこと~

Pocket

こんばんは♪休日を過ごしています。

 

今日は、青年部のお姉さんとおしゃべりしました。

 

仕事や信仰生活でもがいていること、通勤や職場生活で実践していることをお互いに話しました。

わかるわかるー!と言う感じでお互いの話に共感しながら、声を出して笑いながら、楽しく話しました。

 

同じ神様の下で信仰を持ち、御言葉を聞いて一緒に走る兄弟姉妹たち。

 

お互いが実践していること、がんばってること、神様と共に困難を乗り越えきた話を聞くと、とても力を受けます。

悩んでいる事があると、神様が目の前の姉妹を通して答えを下さることもよくあります。

落ち込んでいても、話を聞いていると「私もがんばるぞっ!」って、また立ち上がる力をもらえるんですよね。

1人は弱いけど、二つより、三つよりの綱は強いのですっ

 

ふたりはひとりにまさる。彼らはその労苦によって良い報いを得るからである。すなわち彼らが倒れる時には、そのひとりがその友を助け起す。しかしひとりであって、その倒れる時、これを助け起す者のない者はわざわいである。またふたりが一緒に寝れば暖かである。ひとりだけで、どうして暖かになり得ようか。 人がもし、そのひとりを攻め撃ったなら、ふたりで、それに当るであろう。三つよりの綱はたやすくは切れない。

~伝道の書4章9-12節~

 

互いに励まし合い、助け、高め合っていける関係って素晴らしいなぁと思い、あらためて感謝する思いでした☆

 

イエスは言われた、「『心をつくし、精神をつくし、思いをつくして、主なるあなたの神を愛せよ』。 これがいちばん大切な、第一のいましめである。 第二もこれと同様である、『自分を愛するようにあなたの隣り人を愛せよ』。

~マタイによる福音書22章38-40節~

 

神様を愛すること。隣人である兄弟姉妹を愛すること。

愛の実践!感謝しまーす☆