摂理

「あなたを絶対に見捨てない」と言えるのはだれか

Pocket

最近のKokoroは、とても沈んでいました。

色々自分の中で問題だらけで

どうしても直せない考えの癖、特に自分を責めたり否定的に考えてしまったりする点で

ものすごく苦しい思いをしていました。

捨てればいいのに捨てられなくて

直せば良いのに直せなくて

自分がぎゅっと握っている手を話せばいいのに

それができなくて、苦しくて、もどかしくて

それでまた自分を責めていました。

 

そんなことを繰り返ししていると、段々と

神様もこんな私のことなんて呆れて嫌気がさすだろう

というありもしない考えに陥ります。

 

今まで出会ってきた「人間」なら

多くの人々なら、呆れたり嫌気がさしたりする態度を見せるでしょう。

 

しかし、神様は違いました。

「若い者が処女をめとるようにあなたの子らはあなたをめとり、花婿が花嫁を喜ぶようにあなたの神はあなたを喜ばれる。」

イザヤ書 62:5 

神様は、あなたの存在自体を喜ぶと聖書に書かれています。

「主は言われる、背信の子らよ、帰れ。わたしはあなたがたの夫だからである。町からひとり、氏族からふたりを取って、あなたがたをシオンへ連れて行こう。」

エレミヤ書 3:14 

たとえあなたが神様に背を向けても、神様はあなたを愛すると仰いました。

 

人間の考えと神様の考えは違う。

牧師先生がよく教えて下さることです。

 

自分の考えを空ければ、神様がもっと良い考えを入れて下さる。

考えを楽にして下さる。

 

神様に委ねて、一緒に生きる生は、本当に幸せなんだろうなと思います。

一層、挑戦していきたいな〜と、改めて思ったKokoroでした☆