摂理

忘れたら…

Pocket

ハレルヤ!お久しぶりのKokoroです。

 

夏季休暇を取って旅行に行っていたら、

すっかりブログの存在を忘れていました。

 

忘れたら死ぬ。

 

鄭明析牧師の御言葉の中には、時折インパクト大なものがあります。

その一つがこれです。

死ぬ、と仰ったんです。忘れたら。

「え、死ぬの!?((((;゚Д゚)))))))」

 

初めて聞いた時、かなり衝撃を受けました。笑

 

しかし、この「死」という言葉の定義を考えなければなりません。

生活の中で私たちも普段使う表現です。

 

「スマホ死んだ」

「パソコン死んだ」

 

私の父は鼻炎が酷く、症状が悪化するとすぐ

「鼻が死んだ」とズビズビしながら言います。

 

こういった場面で使う「死」という言葉。

何を表現しているのでしょうか?

 

それは、一言で言うと「本来の機能を発揮しなくなる」ということを表しています。

 

人間の行動はどこから始まるでしょうか?

考えから始まります。

 

だから、考えから忘れてたらその面においては行動できない。

その行ないが「死ぬ」ということです。

体って、動くことが本来の機能ですもんね(^◇^;)

 

牧師先生は、行なわないことも一つの「死」だとも仰いました。

 

忘れたら死ぬ。

 

ぜひ覚えてください、本当に。

 

大事なことや自分が必ずすべきことを忘れずに

ちゃんと生きた人になろうと反省し

ブログを更新して寝ます(-_-)zzz