摂理, 仕事

日曜日に仕事をすること①

Pocket

今日、記念すべき!人生初日曜日初出勤でした。

朝7時に出勤し、ほぼ休憩なしで夕方までぶっ続けに仕事でした。
何が言いたいかと言うとですね
要は、いつもの時間の礼拝に参加できなかったということです。

日曜日出勤OKか面接で聞かれたので
礼拝を守れないことを承知の上で受けた会社ではありました。
私自身面接で聞かれた時、礼拝あるから嫌!と内心思いつつ、
小心者なので「はい」と答えてしまったのでした。
実際に内定が出た後も、礼拝守れないと思うと霊的にとてもショックで
内々定の返事をしていいのかとても迷いました。
私は所謂、「霊的に敏感」な方なので、礼拝守れなかったら霊が耐えられないのではと思ったのです(^^;;

でもお祈りした時、ある聖句が浮かびました。

サムエル記上‬ ‭16:7
しかし主はサムエルに言われた、「顔かたちや身のたけを見てはならない。わたしはすでにその人を捨てた。わたしが見るところは人とは異なる。人は外の顔かたちを見、主は心を見る」。
‭‭‬

礼拝に参加できないということが問題なのではなく、
心がどこに向かってるのかが問題なんだなという考えが浮かびました。

鄭明析牧師も日曜日仕事があるような職に就くななんて仰ったことは一度もないと
摂理の先輩から聞いたことがあるし
実際、メンバーで日曜日出勤している方もたくさんいらっしゃいます。

もちろん礼拝を聖殿で守れたら1番だけれど、
心を神様に向けているのか
心を神様に捧げて過ごせているのか
これを神様は1番ご覧になるのかなと思い
結局内々定の返事をし、今日初出勤に行ってきたのでした。

実際に今日何を感じたかは次回!
明日また続きを書きまーす╰(*´︶`*)╯

日曜日に仕事をすること①” に1件のコメントがあります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA