摂理

Disneyと私②

Pocket

シリーズ第2弾。

今回は、私がそもそもDisneyを好きになった過程をお話しできたらと思います。

 

Kokoroは小さい頃、Disneyが大嫌いでした

私が小さい頃、東京ディズニーランド(以下TDL)園内で誘拐事件があったからです。

幸い、誘拐される直前で犯人は捕まり未遂に終わりましたが

その話をニュースで見て、幼いながらにショックだったのか

「誘拐事件おこしておいて何が夢の国だ。まやかしじゃんか。ふんっ」

とかなりひねくれてしまい、親に誘われても絶対に行きませんでした。

 

ひねくれた子どもは成長し、小学校高学年くらいになった頃、

姉が友達とよくTDLに行って「楽しい~!」と言いながら帰ってくる姿に心揺れ

ついに母と姉と3人で、一緒にTDLに行く事になりました。

 

正直Kokoroはその時のことをあまり覚えていないのですが、

唯一覚えているのは、キャストと呼ばれる従業員の方の対応でした。

その日は雨が降っていたのですが、レインコートを着ながら笑顔で立っている姿

乗り物に乗っているゲスト(客)に向けて手を降る姿

細かな気遣い溢れる行動

その一つ一つにとても感動したことを覚えています。

 

「この人達、見ず知らずの人にどうしてここまでできるんだろう」

誰にでも優しくなれる人になりたいと思っていたKokoroはそんな疑問を持ち始めました。

正に夢のような世界。

この来園を機に恋に落ちたくまのプーさんを通し

続けてKokoroはディズニーの映画も見始め、だんだんとディズニーの夢の世界に

入っていったのでした。

 

そして、ある事件を機にヲタク街道へ入っていくのです…。

 

次回へ続く。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA