摂理

200字以内で聖書をカッコよく紹介してみる

Pocket

どうも!でんでんです〜〜!!

 

今回はですね、私なりに聖書を紹介しようかと思いまして!

摂理のメンバーたちは聖書についてある程度詳しいですが、

日本では聖書に触れたことがない人がほとんどかと!

 

『知らない・未知のもの=怖い』じゃないですか。

食べたことないものも口に入れるまでには怖いし、

行ったことのない場所も行ってみるまでは怖い。

聖書も得体が知れない、神様も得体が知れない、怖い。

・・・・という感じですね!

 

 

だから少しでも聖書がどういう本か、

なぜ学ぶ意味があるのか、

少しでも身近に感じてもらえたらな〜!と

思っています。

 

 

 

 

では、いきます!!

 

 

 

 

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

宇宙、地球、万物、人間

この世の全てを創造された方、全知全能な神様。

 

その方が人間に向けて語られた言葉は

人々を永遠な世界・天国へと駆り立てた。

 

「生きている意味、真実な愛、人生の答えか?

欲しければ与えよう。

探せ!この世の全てを聖書に置いてきた!

 

人生に彷徨っていた世界の人々は、

この時代の救いを目指し、

聖書の謎にぶつかりながらも

救い主メシアを追い続ける!

 

世は正に、(人生の)大航海時代!!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

 

 

・・・・・はい!ONE PIECEの冒頭部分でした!

「探せ!」のくだりがしたかっただけです!笑

どうです?200字に収まっているでしょう!

 

私がなんで聖書を学ぶのが、

学び続けてわかった時に思ったのがこれでした!

 

 

 

 

原作における”ひとつなぎの大秘宝”は一体何なのか、

めっちゃ考察されてるそうですが、

私たち現実世界を生きる人たちにとって

「探せ!」と言われているお宝は人生を生きる上でのお宝

です。

 

 

 

それはつまり、

『生きる意味』、『自分の存在価値』、『愛』

『ん?「何か」違う・・・と日々感じるその「何か」』

その他諸々、何か引っかかっているもの!

その答えが全て聖書の中に眠っています。

 

 

 

めよ、そうすれば、与えられるであろう。

捜せ、そうすれば、見いだすであろう。

門をたたけ、そうすれば、あけてもらえるであろう。

(マタイによる福音書 7章7節)

 

 

 

だから「聖書の中を探せ!」と

神様もおっしゃるわけですね!!

 

 

 

摂理では、聖書を聖句に基づいて学びます。

これでもか!と言わんばかりに聖句を引きます。

それは数学で方程式がスラスラ解けるぐらいの爽快感です。笑

 

だからこそ毎回聖句を引かれる鄭明析先生が、

神様がおっしゃった言葉と神様が今まで成されて歴史を

大事にされている方なんだな!

と感じるしかない今日この頃です。

 

 

今回はこの辺で!

本日もみなさんお疲れ様です〜〜!!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA