摂理, 生活

開けて見るまではわからない。開けて実際に見たからいえる話。

Pocket

人は自分が経験してみるまではそれについてわからないものです。

例えば、初めて見る食べ物があったとします。その食べ物を食べるまではどんな味かは分かりません。食べた時初めて味がわかります。不味ければ二度と食べないし、美味しければまた食べます。人間の心理とはこういうものですよね。

ちなみにチョコ&ポテチみたいなしょっぱい&甘いの組み合わせ。食べる前のイメージはあれでも、食べてみたらおいしくてクセになりますYO)

 

ところで、すでにご存知と思いますが私たちは摂理で御言葉を学び信仰生活をしています。

宗教や摂理、信仰についてよくわからない・怖いなど、人によって持っているイメージは様々かもしれません。

私はというと。摂理に来る前は宗教、聖書といわれても正直それがどんなものかわかりませんでした。人の心理というのは正体不明なものに対しては恐怖心すら抱くものです。幽霊とか。

でも実際に自分が摂理の御言葉を聞いてみて、ここで伝えられる御言葉が自分を害するものではなく、むしろ良いものだということがわかりました。

なので、私たちが教会に通うのは強要されたからなのではなく、自ら行きたくて、自らの意思で教会に行くことを選んで通っています。

実際にそこに行って過ごす人だけがその場所とそこでの生活について一番よく知っているものです。

 

もう1つ例を挙げてみます。

料理人に学んだら料理人になります。教えてくれる側の技術を引き継ぐので、学んだ人の料理には教えてくれた人の作る料理の味が現れるものです。
人も、自分を教えてくれた人の精神・思想が自分の生に体現されます。すなわち、その人の生き方を見ればその人を教えてくれた人の精神・思想がある程度はわかります。

摂理の御言葉はチョンミョンソク牧師が実生活で悟って得た御言葉です。摂理の人はその御言葉を聞いて日々自分を磨いています。
摂理に来て自分が変わったんだと告白する人はたくさんいます。

★参考
摂理に来て変わった父親との関係性
相手も傷つけないし、自分も傷つけない。摂理に来て変わったこと。
・・・ほかにもまだまだたくさん!

摂理のメンバーを見ていると、自分の過ちを認めて修正できる人/しようとする人、感謝を表現する人、相手を顧みてあげられる力がある人が多いです。
そのような彼らの生き方を見るだけでも摂理で伝えられる御言葉の真実さ、伝えてくれる人の真実さを知ることができるのではないでしょうか
摂理のこと、宗教のこと、わからなかったけれど実際に摂理に来て箱を開けてみたらわかりました。
わかって確認した末に、今私はここにいることを告白します。

Let’s enjoy せちゅり~~